私は以前、博士たちが企業へ就職することを支援する福井大学CCDSキャリア教育プログラムの中の一つ、「一人一人の自分軸とキャリアビジョンを見出すためのアイデンティティ&ビジョン研修」(2日間)を担当していました。数年前にそのプログラムを受講し、現在、勤務先の海外事業を任され活躍されている方が、受講して役に立った点などを送ってくれましたのでご紹介させていただきます。

「2013年10月福井大学CCDSキャリア教育プログラムの授業で初めて、IDENTITY&VISION研修を受けました。キャリアコンサルタントの月野先生は分かりやすい方法で 自己分析の方法を教えてくれました。私は今まで 自分はどんなビジョンを持っているのかということに関しては深く考えたことがありませんでした。外国人留学生として日本の大学で専門知識を勉強する、および社会の中で自分の力を発揮したいという信念はずっとありましたが、どういう仕事が自分に適正なのかよく分からない、専門分野にこだわるべきか、やりたい仕事を探すべきか、など悩みと不安がありました。
月野先生の講義を受けて、自己発見カード分析や価値観カード、ライフラインチャート分析を行って自分のことを知ることができたし、日本で目指す人生のイメージも出来たのはとてもよかったと思いました。その後 福井大学CCDSキャリア教育プログラムのお蔭で 福井の地元の農業、園芸資材企業に入社しました。海外事業部に配属となり、海外子会社との業務連絡、海外販路の拡充や、グループ会社の連結経営推進など、本社ネット販売遂行するための開発輸入業務を担っています。
仕事中も時々月野先生に教わった方法で自己分析し、仕事中自分のIDENTITYを確認しています。自分の価値観と会社のビジョンの方向性を合わせて、能力を完全に発揮できるよう努力しています。
福井大学 CCDS 第5期生 農業・園芸資材関連企業:X. R.氏」

人間性が素晴らしく、みなをまとめる“人格者”といった雰囲気の方でした。研修中、価値観についてのディスカッションを行った際には、ご自身の人生で大切にしてきた考え方を発表してくださったので、私も含め受講生のみなさんにとってもとても有意義な時間になりました。現在の会社の社長からの信頼も厚く、海外事業のことを一手に任されているため海外出張なども多いとのこと、その誠実な仕事ぶりが目に浮かびます。就職を決める大事な時に、アイデンティティ&ビジョンの研修で自分の方向を見つけて、元気に活躍されている様子を知ることができてとてもうれしいです。本当にありがとうございました。