2月末の1週間は、愛媛にて“アイデンティティ&ビジョン”5日間集中講義(3コマ×5日=15コマ)を実施してきました。愛媛といえばみかん、空港に到着した瞬間、みかんの香りをほのかに感じたのには驚きました。

90分×3コマを5日間集中で実施したのは初めてで、途中体力的にしんどい場面もありましたが、すべての授業を終えて愛媛大学をあとにする時のあの清々しさ、爽快感は忘れません。初めて受講生たちと会った時のこと、そこから毎時間毎時間、積み重ねていった中で生まれた互いの“信頼感”と自己への“自信”、最後に吹っ切れたように自分の道を決めたと言った人、「ありがとうございました。」と泣きながら伝えてくれた人の「人生の転機と思える日々でした。」という言葉、最初は単位稼ぎに来たけど「この授業は理学部だけではなく、世の中のすべての人に受けてほしいセミナーだと思います。」と書いてくれた人、「ようやく自分の一つの軸がみつかりました。」とこれまでの試行錯誤の日々から次に行けた喜びを語ってくれた人・・・もちろん、「まだぼんやりとした軸・ビジョンですが…」という人もいたけれど、それでも最初に出会ったときとは確実に表情や自分への信頼、目の輝きが変化している、と私には感じられました。5日間、おつかれさまでした!みんなに出会えてよかった。ありがとう!

※内容は以下の通り。

第1回「オリエンテーション」第2回「学生&教員向け 講演会」第3回「キャリア理論」第4~6回「自分を知る講義とワーク(個人・ペア・グループ)」第7回「自分の軸を発見する」第8回「社会の課題を知る」第9回「仕事を知る」第10回「社会人講演会」第11回「ビジョン講義&ビジョン作成」第12回「自分の表現方法を学ぶ(志望動機・自己PR)」第13~14回「ビジョン発表&応援メッセージ」第15回「アクションプラン作成とアサーション、全体のまとめ」