8年前、九州大学の大学院生向けに生まれたキャリア講座、その後、実施の度に改善を重ねて、筑波大学や東京大学、企業などへと広がっていったプログラム、8回目の今年も、九州大学大学院生との印象深い出会いがあり、この授業を通して対話する喜びを感じることができました。彼らが聴いているその表情や想いは、話す側の心に届き、自分で不思議なくらい自由に芯からの言葉があふれてくる。つまり、授業や講義は、聴き手と話し手とがともに織りなしている一つの作品であり、出会いの中で毎回毎回がその瞬間にしか存在しない創造の産物。よき聴き手に恵まれたことに感謝。また、彼らのビジョンプレゼンテーションによって、聴いているこちら側の発想が溢れだし、それを伝えるやり取りを通して、さまざまなことを学ぶことができたこともありがたかった。受講してくれた一人ひとりのビジョンがこれからのどんな未来につながっていくのかがとても楽しみ。

アンケートより「自分の考えが整理されていく感覚がとても楽しかった。」「自分の性質がわかってきたのがとてもおもしろかった。」「質問に答えることでいろんな引きだしを開けることができました。(価値観のルーツとか、頑張ってきた理由とか…)」「自分の今の性格を形づくるきっかけになったエピソードを炙り出すことができたため、自分という人間を深く知る一石になっているのもおもしろかった。」「脳内で何かが“ティン”ときた気がする」一人ひとりがいきいきと過ごした濃密な8時間・・・ご縁に感謝します。