鳥取の青翔開智高校(スーパーサイエンスハイスクール認定校!)にて、アイデンティティ&ビジョンデザインワークショップを実施しました。

世界で活躍するために必要な学びとは何か、という問いかけから創られた鳥取の“新しい学校”その学びの一つとして、私たちの開発したプログラム「アイデンティティ&ビジョンデザイン」ワークショップを、毎年高校1年生向けに採用していただいています。

自分とは何か?興味・能力・価値感・違和感は?自分は何をやりたいのか?どんな人生を送りたいのか?丸1日、学び、語り、自分と向き合い、人から刺激を受け、生み出したものを表現する、そんな充実感あふれる一日を共にできたことに感謝します。

みなさんの感想より

⚫自分の特長や将来やりたいことが今回あぶり出された気がします。
⚫好きなこと、やりたいことを元に具体的なビジョンにフォーカスできた。
⚫哲学や人工知能などの知識が身についた。
⚫夢・ビジョンの見つけ方がわかった。
⚫自分が何をしたいのかを明確にすることができました。今後進路を決めていくときにこの経験を役立てたいです。
⚫自分の価値観と向き合う機会や、自分に向いている進路を論理的に分析する機会は今までありませんでした。貴重な体験をありがとうございました。
⚫時間があっという間でした。
⚫楽しかったです!!!

彼らの自分や社会を見つめるまなざしの透明感が印象深かったです。
そして、社会のいろんな立場の人たちの心を思いやるやさしさも。(船上介護ホームをつくり人生の最後にいろいろな世界を見せてあげたい🚢というビジョンなど…。)

可能性を育てる学校という場が、息苦しいものから、のびのびと自分の興味を伸ばしていける場になりますように。