LINEで送る

 大阪の感性論哲学全国大会では、経営者など300名のみなさんへ「つながる」をテーマにファシリテーターを担当しました。前日の話し合いの席でまだまだ不確定な部分をお伝えして貴重なご意見を頂き、その後夕食をご一緒したみなさんと内容を詰めていき、当日の朝、さらに進行について打ち合わせて、迎えた本番。300名が4人ずつのグループになって、自分の想いを伝え、心からのやり取りが交わされている様子に感動してしまいました。初の試み、直前まで心臓がドキドキする体験、たくさんの方々のあたたかいアドバイスとご協力のおかげで生まれた場、このようなお役目を信頼し任せて頂けたことを心より感謝。
 翌日は奈良の「サロンこころこ」さんにて哲学カフェの講師・ファシリテーターを担当しました。初めて顔を合わせる8名の社会人の方々へ、最初に「感性論哲学」のお話をして、参加者の方の手作りケーキを頂き、後半は私も含めて参加者お一人おひとりが「自分を良い方向へ変えた言葉」を、そのエピソードと共に紹介し、最後にお一人ひとりへ「哲学の言葉」のカードを選んでいただき贈りました。終わった後のみなさんの明るい笑顔、ティタイム含めて2時間くらいでしたが、自分の今の素直な心を語り合った空間は和やかでキラキラとしていました。
 その1週間後に東京大学の大学院生16名へ「アイデンティティ&ビジョデザインワークショップ」を実施しました。(※写真は、その時のもの)年齢も性別も学部も国籍もそれぞれ異なるみなさんが、朝10時~夕方5時まで、互いに自分を語り、個人ワーク、インタビュー、ディスカッション、プレゼン…と楽しそうにかつ真剣に取り組まれていたことが嬉しく、また、AI(人工知能)の話題から、ごく身近な課題まで、それぞれのテーマを発表し、質問や意見が飛び交う様子に、私も大いに刺激を受け、彼らが生み出す未来が楽しみになってきました。
 さらにその1週間後には筑波大学の大学院生へ、「アイデンティティ&ビジョンデザイン」集中講義を実施しました。自己発見カードから自分の軸をみいだして全員がビジョンを発表しました。*感想より抜粋「この講義で、自分の中の自分、つまり本音まで触ることができました。ビジョンを洗い出すことで、大学院に入った初心、現実のストレスで忘れていた理想を掘り起こすことができました。」本音・実感がこもった言葉こそ、人の心に伝わるもの。印象深いビジョン発表の時間でした。
 大阪・奈良・東京・茨城とそれぞれに忘れがたい出会いと感動がありました。お会いしたお一人おひとりとのご縁に感謝いたします。