LINEで送る

ある日、「講演会をお願いできませんか」という問い合わせのお電話から始まり、その後半年あまりの準備期間を経て、11月15日の午後に春日高校PTA主催「自分の軸をみつける方法」講演会が実現しました。準備に多くの時間と労力を費やしてくださったPTA役員のみなさまに心から御礼申し上げます。テーマやサブタイトルも、役員の方々とやり取りして、「自分の軸を見つける」というテーマであれば、高校生のお子さん、そして、父親、母親である参加者自身にとっても当てはまるものとなる、と決定、おかげさまで当日は通常の人数を大きく超える150名の保護者の方々にご参加いただきました。

講演会は、実際に私が筑波大学、九州大学などで行っているキャリア教育の授業を体感していただく、という内容。その後、ホランドの6つの適性についての紹介、子どもさんの幼い頃からの特性を見守ってこられたご両親だから気づけることがあり、将来どの分野に適性があるのか迷っているお子さんへのヒントに役立ててほしいとお伝えしました。また、子どもさんとのコミュニケーションがスムーズになる“アサーション・コミュニケーション”についてもご紹介したところ、「これって、あるある」といった反応があちらこちらであった様子、もう少しじっくりと事例など説明したかったな、と思いつつ、2時間はあっという間に過ぎてしまいました。

先日、PTA会報に記事を載せていただけたとのことで送っていただきました。さまざまな写真やプロフィールをうまく編集して「…子ども達も保護者も自分の軸を認識することにより、生き生きとした日々を過ごしてほしいという願いが込められた講演会となりました。」という言葉で締めくくっていただいた素敵な会報は、私の宝ものになりました。感謝