「昨年度、複数した研修の中で、もっとも他人にお薦めしたい講座は?のトップに選ばれました!」と、大阪のIT企業の担当者さまより連絡をいただき、先日、再度大阪で企業研修“アイデンティティ&ビジョンデザイン”を実施してまいりました。
 こうして、一度研修を実施したところから、再度ご依頼を頂けることのありがたさ。リーダー研修を受講された一人ひとりの“本当にやりたいこと”をビジョンとして作成しプレゼンする時間を共有でき、自分に素直になっていきいきと語るみなさんのエネルギーを感じつつ、大阪(伊丹)空港から福岡へと戻ってきました。
 「自分が価値を観じることは何か?」「好きなこと・興味を持っていることは何か?」 おそらく、そんな根源的なことを深く、真剣に、そして楽しく見いだしていくプロセスの中で、お互いのうわべではなく芯を理解しあい、共感し、最後には今後の人生で本当にやりたいことの発表を通して互いを深く知ることができるこのアイデンティテイ&ビジョンデザイン研修は、一人ひとりの個のパワーを最大限発揮していく起点になると信じている。一人ひとりが、「100%その人自身であること」(『リーダーは自然体』より引用)で、企業の中でのリーダーとしての役割、さらに地球・日本に生きる一社会人としての役割を、ともにいきいきと果たすことにつながっていく…それが、私が目指している企業研修の在り方である。 
 今回も、随所に哲学の考え方を取り入れて講義を行ったが、「もっと、哲学の話を聴きたい!」という感想が目立っていたのも印象深い。哲学も、そしてアイデンティテイ研修も、どちらも“根源”をいかにみいだすか、という共通項があり、私がやりたいことは、まさにその根源を発見していくことにある。みなさんから頂いた貴重なご意見・ご感想、アドバイスなどを活かして、さらによりよい講座・研修を行っていきたいとあらためてー。今回ご縁を頂いたみなさま、さまざまな準備やお世話をしてくださったみなさまに感謝いたします。